フォントデザインで統一感を出した採用サイト|本田技研工業株式会社

本田技研工業株式会社 採用サイト

(出典:本田技研工業株式会社)

採用キャッチコピー

「 どうなるかじゃない、どうするかだ。 」

自動車・バイクだけでなく、ロボット技術・航空機など幅広い技術を持つ本田技研工業。EVや自動運転など自動車業界の変化が激しい中で、他の分野での成長を目指しているのか、採用メッセージでは力強い主体性を求め、全体の雰囲気も技術感(ロボット感)と躍動感を感じる採用サイトとなっています。全体的にデザインが優れた採用サイトになっていますが、その中でも特徴的なのは次の2点です。

ポイント1:全体の統一感を出しているフォント使い

採用サイトは企業のことを知ってもらうために文字情報が多くなってしまいます。タイトルなどは存在感のあるフォントでタイプライター風の動きをつけることにより、文字よりもデザインの一部として認識することができ、情報が多いと感じることを防ぐ効果があります。また、技術の会社ということが暗にしっかりと伝わってきます。

ポイント2:コンテンツごとに色でメリハリをつける

全体の統一感をフォントで出した上で、各ページで少しずつ変化をつけることで、見る側(学生)に印象深くさせています。採用メッセージページはシンプルに白黒、プロジェクトストーリーページは黒で存在感を、社員メッセージは赤をキーカラーにして情熱が感じられます。

まとめ

フォントに意図を持たせて全体の統一感を出しているので各ページに変化をつけることができ、見ている側は安心感を持ちながらも、各コンテンツを楽しめると思いました。そして、既存事業以外の成長のために新たな人材を求める場合は、既存イメージをどのように払拭させて現企業にない能力を持った人材に興味を持ってもらうかが大事です。本田技研工業の採用サイトはとても参考になると考えます。

http://www.honda-recruit.jp/

●Hondaフィロソフィー本田技研工業株式会社 採用サイト
●プロジェクトストーリー本田技研工業株式会社 採用サイト
●社員インタビュー本田技研工業株式会社 採用サイト
本田技研工業株式会社 採用サイト